借金生活は引退しよう!借金生活から抜け出すための方法!

借金生活に甘んじていると、いつまでも借金生活から抜け出せません。抜け出せないどころか、どんどん深みにはまっていく可能性は少なくないです。はまればはまるほど、抜け出すのは難しくなります。借金生活から本気で抜け出したいと思っているのであれば、試すと有効な方法がいくつかあります。

ここではそんな借金生活を引退するために必要なことや方法を、具体的に解説していきます。

借金の原因を考える

借金生活を引退するためには原因を考えることが重要です。借金をなぜしてしまったのかを考えておかないと、また借金をすることになります。そうならないように、借金をした原因を確かめておきます。借金の原因はギャンブル、買い物のしすぎ、生活費など様々なことがあるでしょう。

その原因を考えると、借金をしなくなるために必要なことが分かってきます。ギャンブルが原因なら、ギャンブルをしなければいいでしょう。しかし、それができないから借金をしてまで続けてしまっているのです。それでは原因が分かったらどうすればいいでしょうか。

借金の原因となることをできる限り避けることです。借金をしてまで買い物をしてしまう人は、買い物をしない生活にすると改善できるでしょう。そのためには家族の協力が不可欠です。

家族が借金を抜け出す協力をすると、抜け出せる可能性が高まります。原因が分かったら、家族に協力を依頼しましょう。

原因を取り除いた生活をする

借金の原因が分かったら、その原因を取り除いた生活をします。

借金の原因となることを家族に任せることが、この方法の重要なポイントです。例えば、ギャンブルが原因であれば、ギャンブルをしない生活を送ります。一人ではそれが難しいでしょうから、家族が監視するようにします。

ギャンブルに行くと分かる仕組みを作っておくと、効率的に監視できるでしょう。また、原因を取り除いた生活をするために、行動の制限をしておくことも重要です。カードを使えなくしてしまうことや現金を多く持たせないことなどが、その方法になるでしょう。

本人の意向はその際にはあまり重要ではありません。もっとも重視すべきことが借金生活から抜け出すことなのです。本人に強い意思があれば、借金を作らなかったでしょうから、本人に任せることをしないようにしましょう。

借金をしない質素な生活を心がける

借金をしている人は収入に対して、不相応な生活をしていることが多いです。

借金をしている分、収入が増えたかのような錯覚をするので、生活が贅沢になるのです。

しかし、借金生活から引退するなら、その生活を変える必要があるでしょう。自分の収入のみで生活をして、さらに借金を返済することになれば自然と使えるお金は減ります。質素な生活をしないと成り立たなくなるでしょう。

始めのうちは難しいかもしれませんが、慣れてくればそれ以上のことを求めなくなります。派手だった生活が幻で、質素な生活が現実なのだと、自分に言い聞かせましょう。借金を返し終えれば、新しい生活を送ることができるでしょう。

それまでは我慢をして質素な生活を送ると、早く借金生活が引退できます。

借金は繰り上げ返済をすることが大事

借金を早く返すためには、繰り上げ返済をすることが大事です。将来利息のカットにつながりますし、普通に払うよりも総額で払う金額が減ることになるのです。苦しい生活になるかもしれませんが、耐えて繰り上げ返済をするようにしましょう。

生活費がなくなるほど、切り詰める必要はありませんが、遊びに使うお金を減らすことが重要です。繰り上げ返済しているときは交際費などをできる限り減らして、借金を返すことに集中するのです。返済に集中していると、他のことが見えなくなるようになりますが、そうなれば借金を返済できる日が近づいてくるでしょう。

また、繰り上げ返済ができないときでも、毎月返済することは重要です。返済が滞ると利息が増えることになるので、結局は借金生活の引退をする日が遠くなることになります。そうならないように、繰り上げ返済をすることと、返済を送らせないことが重要なのです。

収入を上げることを考える

借金生活を引退するのに収入を上げることは大切でしょう。収入が増えれば、借金を多く返すことができますし、生活に余裕も出てきます。そのために、収入を増やす方法を考えることが重要です。収入の増やし方としては、副業が現実的です。

残業代を増やすことや転職なども考えられますが、すぐに増えるかは疑問があります。副業であれば、働いた分だけ収入が増えるので、トータルした収入が増える可能性が高いです。副業は自宅でできるものからアルバイトまで色々な選択肢があります。

自分に合ったものを選ぶと、確実に収入を増やすことにつながるでしょう。また、副業を選ぶときに大切なこととして、得意なことを副業に選ぶと収入につながりやすいです。例えば、教えるのが得意であれば、誰かに教える教師を副業に選ぶといいです。

不得意なことではすぐに収入にならない可能性が高いでしょう。

滞納している借金を一括で返すように貸金業者から求められたらどうすればいい?

債務整理も一つの手段

借金生活を引退する方法として、現実的な手段に債務整理があります。任意整理であれば、将来利息をカットすることで借金を減らすことができます。借金をできるだけ早く返済したいときには有効な手段です。ただし、ブラックリストに乗るなどのデメリットを、考慮してから実行するようにしましょう。

債務整理で借金が減ると知って、実行したらクレジットカードが作れなくなったという人は少なくないです。債務整理はデメリットをしっかり把握してから、活用することが重要なのです。また、債務整理のなかには借金を帳消しにする自己破産があります。

その部分だけを聞くと、自己破産をすれば借金がなくなることになります。借金はなくなりますが、ブラックリストに長い間載り続けることを考えると、安易に実行できない手段でしょう。

借金が辛くなって生活できなくなったら弁護士に相談する

借金生活を引退する前に生活が苦しくなってきたら、弁護士に相談するという方法もあります。弁護士であれば、債務整理を含めた有益なアドバイスをしてくれます。借金で生活が苦しくなるのはかなり大きな借金を背負ったときでしょうから、そのときは弁護士の手を借りて処理をする必要があるでしょう。

ただし、弁護士を活用するほど大きくない借金であれば、自分で努力をしてから相談するようにしましょう。弁護士の力を借りるのは最終手段だと考えておくことが大事です。